<< 子どもの目線に・・・ | main | 消費者がクレーマーに変貌する心理 公開セミナーのご案内 >>

自然災害と心理

0
    JUGEMテーマ:天候、地震など



    台風がまた来ていますね。


    以前台風が来ている時に、少しくらい大丈夫だろうと、
    急用ではないのですが、近くの郵便ポストまで歩いていこうとしました。


    しかし、歩き始めて数分も経たないうちに、
    突風で一瞬にして傘が壊れてしまい、風と雨にさらされて
    びしょ濡れになってしまいました。


    その時の突風の威力はかなりのもので、周囲を見渡すと、
    コンクリートの重しのついたバス停が倒れていました。。。


     

    結果、傘が壊れたのと、びしょ濡れになっただけで済んだ
    ので良かったのですが、、


    多くの人はこの時の私のように


    「まあ大丈夫だろう・・・」 とか

    「自分は大丈夫だろう」


    という良く言えば楽観的な考えをしがちです。


    しかし、自然災害ではこの楽観思考が命取りになることがあります。。


    身近な人が犠牲になってしまった人が、

    「まさかこんなことになるとは思わなかったので避難しなかったんです・・」

    と、話されているのを耳にされたことがあるかと思います。。



    自然は時として、私たちの予想を超えて迫って来ることがあります。


     


    日頃は楽観的であることの大切さを提唱していますが、、、


    台風などの自然災害が迫っている時には、

    「まあ大丈夫だろう・・・」などと安易には考えずに、

    「万が一」「念のため」という考え方と行動をとるように

    してくださいね。



    日本心理教育コンサルティング  http://n-sk-c.info/


    緊急時の心理特性と二次災害を防ぐ心の防災訓練 


    あなたはリーダーにむいている?


    人の心のわかる リーダー育成研修


     

    n-sk-consul * 災害心理 * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ