<< 悪質クレーマー対応心理学セミナー ご好評につき第2弾! | main | クレーム対応の心理学 >>

クレーム担当者のためのメンタルヘルス対策

0
    JUGEMテーマ:ビジネス
     

    皆様はお客様のクレームを受けて、どっと疲れたり、
    精神的に不安的になったりした経験はありませんか?


    心理カウンセラーという仕事をしていると、時折


    「人の悩みばかり聞いていて疲れませんか?」


    こんな質問をされることがあります。

     

    実際、カウンセラーの中にはそのことが原因で
    体調を崩す人も少なくありません。


    私自身も経験の浅かった頃、自分のスキルでは対応しきらず
    体調を崩したこともありました。



    また先日、知り合いの普通科目の先生をしている人が、

    学生さんの悩み相談をする担当になったところ、

    ご本人が体調を崩して現在仕事を休んでいると聞きました。



    人の悩みや怒り、このような感情に真剣に向き合う時、
    そこには自分自身の心の健康へのリスクを持ち合わせているのです。


    では、なぜこのようなことが起きてしまうのかと言うと
    、一つは人間の感情・気分は感染するという性質を持っているからなのです。


    職場や家庭の中で誰か一人がイライラ、ピリピリしていて、
    自分も嫌な気分になったことはないでしょうか。


    こう考えた時、

    専門的な教育やトレーニングを受けたカウンセラーでさえ、
    体調を崩すことがあるのですから、カウンセラーでない職業の方が
    毎日お客様のクレームに向き合っていたら、体調を崩したり、
    メンタル不調になってしまうということは充分考えられます。


    人の悩み・不満・怒り・クレームに向き合うためには、
    そのための技術が必要です。


    必要というより?!、持っていた方が良いのです。


    お客様が怒っている時、その感情をどうケアすれば良いのか

    お客様から攻撃を受けた時、自分自身の気持ちをどうリセット
    していけば良いのか


    日々お客様対応やクレームと向き合う方にとって、
    カウンセリングやメンタルヘルスの知識と技術を身につけておく
    ことは、皆様の心の健康を保つため、またより良いお客様対応
    実現するためにも大変重要になってくるのです。



    クレーム担当者のためのメンタルヘルス講座の概要

    ・自分のメンタルチェック
    ・日頃のストレスを把握する
    ・クレーム対応でメンタル不調になりやす人
    ・気持ちのリセット方法
    ・クレーマーの心理がわかればストレスは半減する
    ・なぜ激しい怒りをぶつけてくるのか
    ・あなたが悪い訳ではない
    ・この切り返しがお客様の怒りを静める
    ・心をケアする方法
    ・脳からストレスを消す  他


    心理学・カウンセリングを活用したクレーム対応研修のご案内

    ※クレーム担当者のメンタルヘルスを希望とお知らせください


    心理学を活用したクレーム対応公開セミナー(個人のお客様)



     

     
    n-sk-consul * クレーム対応 * 21:53 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ