<< ストレス・対人関係の緩和の仕方・怒りをどの方向に導いていけば良いか Q&A | main | ムカつく先輩のタイプ診断と上手な接し方 >>

ネガティブとポジティブはどちらが正しいのですか?Q&A

0

    Q.学生時代に読んだ本に「ネガティブシンキングは突発的な
    ダメージを受けた際のダメージを最小限に受けられるため、
    悪いことではない」と繰り返し述べられていました。

    今回の研修では最後にポジティブシンキングの大切さについて触れており、
    どちらが正しいか気になりました。
     


    A.ネガティブシンキングやマイナス思考は、おっしゃるように
    ダメージを出来る限り少なくする働きがあります。


    例えば、見たことのない新しい生物を見つけた時に

    ポジティブシンキングでいったら、

    「捕まえてみよう」 

    「大丈夫、触ってみよう。」 となります。


    その逆にネガティブシンキングでいったら、

    「もしかしたら毒をもっているかもしれない。」

    「触ったら危険かもしれない」 となります。


    当たり前のことのようですが、こういった未知の状況などでは

    触ってみたら噛まれたり毒を持っていたりして命を失う可能性も
    ある訳ですから、ネガティブに考えた方が、ダメージを防げたり、
    命を守ることが出来ると言えるかと思います。


    ネガティブな思考は、私たち人間の命を守るための防衛本能
    から発生しています。
     


    しかし、このネガティブシンキングは一歩間違えると、

    「外出したら危険な目にあうかもしれない」

    「新しいことに挑戦したら上司に怒られるかもしれない」

    「資格をとりたいけど、受験しても不合格になるかもしれない」

    といったことも考え始めます。
     


    ネガティブに考えれば、外にも出ない、挑戦もしないので
    確かに傷つくこと、ダメージから自分を守ることが出来ます。


    しかし、人生が開けていく可能性も同時に少なくなります。


    ネガティブ考えた方が良い場合、ポジティブに考えた方が
    良い場合、両方存在すると思われますが、可能性を開くという
    意味ではポジティブに考えた方が良いのかもしれません。


    日本心理教育コンサルティング


    あなたはポジティブ・ネガティブ
     

    プラス思考になる方法
     

    n-sk-consul * クレーム対応 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ