<< 心理学を活用したクレーム対応研修Q&A | main |

苦情・クレーム担当者のメンタルヘルスマネジメント公開セミナーのご案内

0

     

     



    「クレーム担当者の15%がうつ病に」

    「モンスターペアレントに追い込まれ自殺」

    「苦情対応でうつ病を発症」・・・


    これは過去に報道されたニュースの見出しの一部となりますが、

    皆様の職場ではクレーム担当者の心のケアやメンタルヘルス対策をしっかりと行われておりますでしょうか。


    先日たまたま見つけた苦情を担当する方のインターネットの書き込みには、

    「毎日仕事に行くのが辛くてこのまま死んでしまいたいと思うことが頻繁にある」

    と記されていました。


    人の怒りやクレームにさらされることはそれだけで大変な苦痛を伴うことですが、

    クレーム担当者が精神的に追い込まれてしまう原因の一つは、

    苦情への対応の仕方を含め職場から充分な支援が得られないことや、

    クレームを受けた場合の心の処理の仕方についての教育・

    ケアが充分になされていないことなどがあげられます。


    クレームを担当する方、またその管理者にとって、

    クレームへの向き合い方や激しいクレームを受けた場合の

    心のケア・サポートの方法を身につけておくことは大変重要になります。


    本セミナーではクレーマーの心理から、

    性格タイプ別のクレームによるメンタル不調へのかかりやすさ、

    クレームを受けた場合の心のケアの方法など、

    クレーム担当者のメンタルヘルスマネジメントに必要な知識・技術を

    様々なワークや実験を交えて学んでいきます。


    セミナーの内容

    ・クレーマーの心理を理解するだけでも心の余裕が生まれる

    ・苦情対応でメンタル不調になりやすい性格タイプとは

    ・心理テストによる性格診断

    ・あなたのストレスレベルは

    ・社員のメンタル不調を見分ける方法

    ・苦情対応を任せて良い社員とうつ病等の発症のリスクの高い社員

    ・心の病気の発症の原因と仕組み

    ・クレーム担当者の心のケアとサポート

    ・気持ちをリセットさせる方法

    ・脳からストレスを消す

    ・セルフケアの方法とストレスコントロール


    ※4月14日オープンセミナー開催を予定しております。

    ※社内研修としてご希望の日程での開催も可能です。詳しくはお問合せください。

    ※セミナーは聞くだけ知識を詰め込むだけの講義形式ではなく、全て実践で学ぶ体験型・参加型の内容となります。

    ※本セミナーをご受講いただくと、一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会(JAAHSE)認定のクレーム対応・接遇心理検定のstep-1の受験資格が得られます。


    日本心理教育コンサルティング

     

    n-sk-consul * クレーム対応 * 21:45 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ